低用量ピル値段

低用量ピル値段/低価格の中に嬉しい効果が凝縮されてます♪

低用量ピル値段

 

低用量ピルは値段を気にせず飲める位、お手頃な値段です。そうは言っても、やはり高い!と感じる方も居るかもしれませんが。この値段の中に、様々な安心が詰まってるのです。ただ、「安心」を引き出す為にはピルの特徴や注意点などを把握して正しく服用する必要があります。

 

ピル初心者と言う方は、まず産婦人科医を受診してピルの正しい飲み方を勉強してください。使用法を間違えれば、どんな優れた薬も「毒」になります。

 

皆さんが、どんな目的でピルを飲もうとしてるか。そこから、既にピルの飲み方も変わります。ニキビ治療が目的のメインになるのか。避妊目的なのか。

 

ただ、低用量ピルの愛用者として言える、重要な事は、避妊目的の方は、必ず、生理を基準に飲み始める必要が有ります。ニキビの治療が目的の方は、この限りではないそうですが、詳細、正しい服用法等は受診した際に納得できるまで説明を受けて下さい。よく判らないまま飲み始めるのは危険です。

 

 

慣れて来れば通販も非常に便利ですが、最初のうちは、身体に合うのか合わないのか等経過観察等も含めてしっかり産婦人科を受診してください。

 

因みに低用量ピルの値段は、昨今、どの病院もだいたい、平均的ですが診察代とピル代込でトータルで3千円〜5千円です。

 

通販を利用しますと、もう少し低価格に抑えられますが、くどくなりますが、よく判らないまま自己判断で
低用量ピルを取り寄せ、飲み始めるのは絶対に避けてください。

 

低用量ピルの値段は良心的ですが流石に毎回通院しなくても大丈夫と言う方はこちらを利用ください

 

低用量ピル種類

 

 低用量ピルと言っても種類が多くあります。例えば1相性と3相性では、明らかに種類が違いますよね。1相性は21日間のホルモン含有量が変化ないタイプ。3相性タイプは21日間の服用中に3段階に分けてホルモン含有量を巧みに変えて行きます。

 

また、偽薬が付いてるタイプ・付いてないタイプとあり、任意で選べます。日頃、薬を服用する習慣が無い方や休薬期間が判らなくなりかけた事が有る方は、偽薬(ホルモンが一切含有されてない錠剤)が7錠付いた28錠タイプを選択する事をお勧めします。

 

休薬期間を超過してしまうと、卵胞が目覚め始めてしまい、そのタイミングで性交が有れば望まない妊娠のリスクが上がります。これは、1相性・3相性とも共通して言える注意点となりますが、休薬期間の超過・実薬の飲み忘れはメリット以上にリスクが高くなってしまいます。しっかり、確実に服用しましょう。

 

では、順に、3相性と1相性のメリット、注意点や特徴等について述べて行きます。

 

ナチュラルにホルモン環境が変化していく3相性の方が負担は少ないとされてますが。昨今のピルも改良が進んでますので、勿論、1相性だと負担が大きすぎる!なんてことは有りません。1相性には1相性なりの。3相性には3相性なりのメリットがあります。

 

1相性のメリットとして、生理日の調整が比較的、容易に出来る点が挙げられてます。含有量が実薬の分は全て一緒なので飲み間違えてホルモンバランスを崩す心配も有りません。

 

 

ただ、デメリットとして、頻度は高くは有りませんが、1相性を服用中に、不正出血を起こす方も居ます。不正出血は避けたい!という方は3相性ピルの方が適してると言えます。

 

3相性のメリットとしては、述べましたように不正出血を防ぐことが出来ます。ナチュラルなホルモン変化でより負担は少なくなります。ただ、不正出血を防ぐ目的もあり飲んでいるのに順番を飲み間違えたりしてしまうと不正出血を誘発してしまいます。

 

最初から自分に合ったタイプのピルを自力で探すのは難しいと思うので、まずは受診して相談して見極めて頂いて飲み始めましょう。

 

低用量ピルの種類は一つではありません、因みに長く良好に過ごしてる方は、いつものピルを選びましょう

 

ピル副作用

 

 低用量ピルとはいえ副作用は、やはり出現するケースが多いのが現状。けれど、「副作用」と一括りに出来ないですね。一般的に副作用として挙げられてる吐き気・頭痛・腹痛・イライラ等は、挙がってる症状だけ見てしまうと、服用も或いは躊躇ってしまうかもしれませんが、それほど、強い現象は起こりません。

 

程度は殆どの女性が軽度で済んでます。どうしても気に成る!心配で躊躇っちゃう!という方も安心してください。ちゃんと回避する方法も確立されてます。浸透してきてる回避方法ですが、今一度、ここでも挙げて行きます。まず、吐き気が心配でしたら、就寝前に服用すると副作用を感じる事無く済みます。

 

毎日、その時間に飲めない!と言う方で、どうしても吐き気が心配なら、市販の酔い止めを服用しましょう。

 

ただ、毎回、吐き気止めに頼る必要はありません。吐き気などの副作用が起きるのは、ピルを飲み始め、最初の三日程とされてます。

 

 

また、ビタミンB6をサプリメント等で上手に摂取すると吐き気を
より軽減できます。

 

サプリメントでビタミンB6を補いたい時は1日3回に分けて摂るのが理想的とされてます。

 

最近のピルは改良が重ねられてますので、それほど過剰に警戒する必要は有りませんが、他に異常に

 

足が攣ったり、吐き気が我慢できず服用から2時間以内で嘔吐してしまったり、激しい下痢になったりしてしまう場合は、産婦人科医と相談し、ピルを変えて貰いましょう。

 

ピルの副作用なら克服してる、ピルに慣れてるし管理も出来てるという方はこちらを利用ください

 

低用量ピル効果

 

 低用量ピルの効果は実に多岐に亘ります。どんな目的で飲み始めても、それ以上の副効果を実感できます。例えば避妊目的で飲み始め、気付いたら生理痛も軽減されていたり。PMS改善で飲み始めた方でも、気付けば併せて肌質が改善されてるとか、生理不順改善が目的で飲み始めたけど、PMSも気にならなくなってきた等。

 

とにかく、少量のホルモン剤で積極的に女性ホルモンに働きかけてくれるので、本来の目的以外の副効果を実感できるのは必至なのですが。低用量ピルですので非常に身体に掛かる負担は少なく抑えられてます。

 

低用量ピルの効果は、まさに少ないホルモン剤で負担を掛けず女性の生活の質を上げてくれる所にあります。実に優れた薬だと思います。

 

 

ピルには色んなマイナス的な思考のイメージも付いて
回りますが、一度、その固定観念を捨てて頂きたいと
思います。
現在、避妊・生理不順の改善・生理痛軽減等図りたいと
お考えでしたら、改良に改良を重ねられた低用量ピルの
効果を是非、体感して頂きたく思います。

 

産婦人科医と相談の後、最も相性の良さそうな低用量ピルを選択してみましょう。
そしてまず、ワンシートを飲み切ってみましょう。

 

特にピルを変えてみる必要が出てくるほどの激しい副作用が無ければ、21錠の実薬を飲み切る頃までには
低用量ピルの効果を、少しずつ副効果も含め体感できます。自分に合ったピルを正しく服用してれば
低用量ピルの効果は平等に誰でもが実感できます。

 

低用量ピルの効果と副効果を実感したい方、自分に合ったピルを購入したい方はこちらから

 

ピルやめる

 

 ピルをやめる理由は色々ありますよね。例えば正式に結婚して、妊娠を希望してるとか。余りにもピルが身体に合わないとか。ただ、そこで気になるのが止めるタイミングではないでしょうか。生理前に止めるべきなのか、生理後にやめるのか、シートは全て一旦飲み切った方が良いのか、途中で止めて良いのか。

 

結論から言いますと、止めるタイミングは、いつでも良いみたいです。止めたい時に止めて良い状態です。
ただ、服用を止める事により、それまで改善してた生理不順や重い生理痛・PMSも復活してしまうので、その点は承知した上で、任意の好きなタイミングで止めて良いと思います。

 

 

勿論、シンプルに避妊のみが目的で飲み始めて、他は特に改善する目的が無かった方は、この限りではありませんが。

 

他に何か気にかけてる点が有れば産婦人科を受診して医師の指示に従うのが一番かと思います。

 

タイミングが大事なのは飲み始める時だけみたいですね。服用中止後、凡そ一ヶ月で排卵が再開されます。
このタイミングでの避妊しない性交は非常に妊娠しやすいとされてます。

 

ピルが合わないとか、貰いに行けず結果的にピルを中止してしまったという方は、妊娠しやすい身体になってる事をよく把握して注意して頂きたいと思います。

 

と言っても純粋に妊娠を希望してるのであれば、それまで飲んでいたピルの影響等は一切気にせず安心して赤ちゃんを迎えてあげて欲しいと思います。

 

当面ピルをやめる予定は無く引き続き便利に快適にピルを続けたい方はこちらが便利です

 

ピルアフターピル代用

 

 低用量ピルは実はアフターピル代用が可能な種類が有ります。勿論、全てのピルで可能という訳にはいかないのですが、主に3相性ピルを用いた代用が可能になります。

 

3相性目の黄色い錠剤を4錠、その12時間後に、また黄色を4錠という飲み方です。この際、主に代用されるのがアンジュ・トリキュラー・ラベルフィーユですね。

 

他に、マーベロンやファボワールの実薬3錠、12時間後に追加で3錠といった形での代用も可能です。それでも正規の純粋なアフターピルを服用した方が煩わしさが少なくて済みますよね。特に昨今、浸透してきてるアイピルなら、1回1錠のみの服用でスッキリ終了です。

 

アフターピルは通常ですと、産婦人科で処方され、医師の目の前で服用するのが本来の形ですが、昨今、万が一に備えて、低用量ピルばかりでは無く、アフターピルも通販を利用して取り寄せておくことが可能な時代になってます。

 

日頃から低用量ピルとコンドームで徹底した避妊を行う事も重要ですが、コンドームが破損・抜けない保証もないし、低用量ピルを飲み忘れない保証も有りません。緊急避妊薬は時間との勝負です。

 

 

99%を誇る避妊成功率も72時間を超過してしまうと著しく低下してしまいます。ギリギリ120時間は成功のパーセンテージは下がるけれど可能性が有ると言われてますがギリギリに服用して悶々した気持ちで消退出血を待つのでは、あまりに精神的に悪いですよね。

 

低用量ピルでもアフターピルとして代用も可能という事を記憶の片隅に留めながら、やはり両方を取り寄せておくことをお勧めします。

 

低用量ピルとアフターピルの効能を誤解無く納得し購入を検討してる方は、こちらから詳細をご覧ください

 

ピル便秘

 

 ピルの副作用ってキーワードで皆さん、パッと思い浮かべるのが吐き気・イライラ等ではないでしょうか。

 

実はピルは便秘に成る事も有ります。便秘と低用量ピルは、余り結び付かないかもしれませんが、低用量ピルで起こる副作用は実に多岐に亘ってます。いずれも対処法は確立されてるのですが。

 

さて、ではピルの副作用で便秘になってしまった時の対処法を述べて行きたいと思います。まず、注意点なのですが、便秘薬の使用は厳禁と言う点です。

 

度々述べてきましたが服用した薬を2時間以内に排出してしまうと効き目が無くなってしまいます。すり抜け排卵のリスクも高くなります。

 

但し、ピルとの間隔を4時間以上設けられるのであれば支障はありません。

 

便秘で辛い時は、他の方法を選択しましょう。一般的に浸透してる事ですが、まずは多めの水分ですね。後は食物繊維を適度に摂る等ですね。しかし、何故、低用量ピルの服用で便秘になってしまうのでしょう。

 

 

実は黄体ホルモンの働きで腸内の水分が奪われる現象が起きます。結果、便が硬くなり便秘を引き起こすと考えられてます。日頃から適度な水分補給・食物繊維・その他にオリゴ糖等も便秘の改善に良いですね。

 

仮に、ピルが引き金となり便秘になってるのなら、ピルに体が慣れてくる2〜3シートで本来の快適な便通が戻ります。
それ以降も頑固に便通が乱れるようなら一度医師に相談すると良いかもしれません。

 

種類を変える事で案外すんなり辛い症状が改善される事も有ります。

 

低用量ピルでの便秘等の予期せぬ副作用も対処法で交わせます。大きなメリットを取りに行きましょう

 
ホーム RSS購読 サイトマップ